社長のひとり言

3月社長のひとり言 遍路の想いで

カテゴリ - 社長のひとり言

今朝出社して郵便受けを見たら昨日定休日なので郵便物がたくさん入っていた中手書きの封筒がありました。 差出人を見ると 名前が「雅ちゃん」です。 うわっ雅ちゃんだぁ嬉しい、懐かしいと心を弾ませ開封しました。 実は雅ちゃんは四国お遍路で2日目に宿が一緒で夕ご飯の時ご一緒し一杯飲んで意気投合したおひとりです。他に澤田さん宮嶋さんとも出逢い翌日遍路泣かせの難所、焼山寺に4人で向かうことになります。その時歩いていて撮ってくれた写真を一冊の写真集のように編集し送ってくれたのです。 32ページもの物です。 上手くコメントも入れてくれて まさにあの歩いている一歩一歩が思いださせてくれました。 あのころはスタートして3日目ですからマメもなくルンルン気分で絶好調の時でしたから写真を楽しく見ることができます。 写真集の後ろを見ると東京の印刷所で作成されたようでまた感動! ありがたいいい人と出逢ったもんだなぁと改めて感謝です。 中に手紙も添えてありご主人は地元でタイヤ屋さんを経営されたいるのですが(四国香川県牟礼町)今岡山県に出店しないか?という話をいただいているようです。 いいことばかり!

早速お礼の電話をさせていただいたんですが、変わらず元気な明るい声でこちらもうれしくなりました。 そして「写真は自分は映らないでしょう ですから途中途中で撮っていたんですよ」と。この優しさ素晴らしい方と出逢えたことに感謝です