社長のひとり言

4月(卯月)社長のひとり言 新年度が

カテゴリ - 社長のひとり言

新年度が始まりました。 いつもの事ですが気持ちが引き締まります。 取引先の支社長さんの異動で挨拶に来ていただいたりと。色々あわただしい気分になります。 転勤で移動される方、人気のある方は惜しまれて福山を離れ、人気のない方はいい加減にあしらわれて代わって行かれます。やはりこんな時に日頃の人間性が試されるなぁ とつくづく思います。 人の死も同じことだと思います。 できれば惜しまれて去って行きたいものです。 それにはやはり日頃が大切で他人、物その他を大切にし常に謙虚な姿勢が大切だと思います。

桜も今年は暖かったので早く咲き今日は散り始めになりました。例年ならこのソメイヨシノが散ったら芝桜が咲き始め桜を2重に楽しめるのですが今年は芝桜も既に満開近くダブルの花見が楽しめます。

いつも井原駅の芝桜をご案内するのですが、2~3年前より花の株でしょうか種でしょうか追加を植えていないので花の株と株の間がすけていて地肌が丸見えなので美しさが半減しています。 やはり芝桜は絨毯のごとくビシッと詰んでいないと芝桜の魅力は半減です。 追加を植える予算が乏しいのでしょうか。

商工会議所の時計も故障中と張り紙があり いつになったら治るのだろう、これも予算の関係で当分無理だろう。 と思ってあきらめても気になりいつも見ていました。そうしたら3日まえに 紙がはがされ時計がきちっと動いていました。 よかたぁ なんだか担当者の方にお礼が言いたい気分です。 そのまま何年もほっとかれたらどうしよう。 だらしないなぁ と思っていましたから。 春爛漫明るく過ごしましょう

今月の標語   春の陽気に乗って明るく過ごしましょう

塚本 政樹