社長のひとり言

9月社長のひとり言 Ⅳ8年ぶりに

カテゴリ - 社長のひとり言

本日午前9時に8年ぶりの来客がありました。 三井住友海上の腰原さんです。 突然の来店でびっくりしました。

弊社の担当者がサプライズで逢わせようと私の在社だけを確認しアポだけとっていたのです。 8年前に私が三井住友海上の代理店会「アドバンスクラブ」の全国会長を務めていた時の広島支部の事務局長として担当されていた方です。私の大好きな人のひとりです。

その時年間のキャンペーンで広島支部が全国優勝をした時の縁の下の力持ちで尽力いただきました。 私にとってはとてもお世話になった方で将来忘れられない方です。 いつも年賀状に「社長のひとり言をいつも拝見して元気をもらっています」と書き足していただいております。 その彼が朝一番に会社におみえになって顔を見たときビックリ信じられない感じでした。 早速コーヒーを飲みながら色々話したのですが、私は嬉しくてひとり喋っていたようです。 担当者も同席したのですが、こんなに私が嬉しそうな顔で話すのは初めてです といっていました。

彼はいま54歳になられたようですが、当時からすると体重も少し増えられ立派な男のオーラを出されていました。久しぶりにお逢いしたときいいオーラが出ているというのは素晴らしいことです。 これは彼は充実した仕事、家庭を営まれている結果だと思います。 人間中身は隠せません、日頃から一所懸命生きておかないと安メッキはすぐに剥げてしまいます。 中身のある人間になりたいものです。

最後に彼は「社長のひとり言」を1週間に一度開いているそうです。ちょっと宿題をいただきました。「ドキッ!」 も少しまめにね!