社長のひとり言

9月社長のひとり言 暑さもまた

会長のひとり言

今日もまた暑いですねが「挨拶言葉」になってます

 

地球温暖化の証でしょうか 強烈な暑さが続いております 草木も大変でしょう
この暑さも心しだいでどのようにも感じられるのではないでしょうか
この、素晴らしき太陽の恵みを、ふんだんに受けられて「ありがたいことよ」・・・と
この汗が体の新陳代謝の賜物よ・・・と 元気元気、おいらは元気だ・・・と
日本でハワイが味わえる・・・ありがたいことよ・・・と
「心頭を滅却すれば火もまた涼し」
どのような困難に遭おうとも、心の持ち方ひとつで辛さを感じなくなり、乗り越えることができる ということのようです
意味は違いますが、この暑さもとらえようで爽やかに楽しんで過ごせると思います

民主党は代表戦がスタートしました。 いつまでたっても落ち着かない日本の政治、政府でしょうか。 鳩山、小沢ラインNOを突きつけた参議院選を菅さんが引き継いだと思います 菅さんそのものの結果ではないと思うわけです。 菅さんは菅さんで頑張っていらっしゃるとは思うのですが いまいち流れがわからない感じです。 日本人の近年のくせでしょうか、早く結果を欲しがるようで恐縮なのですが
ともあれ、こうもころころと総理がかわるようでは(まだ結果はわかりませんが)、ほんとに信用がなくなってしまいます。 政治家の皆さん「利他の精神」で 落ち着いて協力しあって「素晴らしい国 日本」を作っていって欲しいものです。
このようなことを言っている今も 外国は着々と成長している訳ですから
権力闘争、一度は総理に、プライド、を一時なくして、 FOR THE TEAMで日本国家のためにわが身を投じられたら如何でしょうか  国民は必ず見ています
その時こそチャンスがくるのではないでしょうか  少し我慢をしてみる。
徳川家康の「待つ度量」を身につけたいと思います
今月の標語  「心を健康に保ちましょう」
塚本 政樹

8月社長のひとり言 NO2工場完成ご連絡

会長のひとり言

工場完成につき2店舗体制が1店舗に集約いたします
昭和50年3月29日創業以来36年に渡り営業してまいりました明神町の店舗、民間車検工場「車検ジョーズ」を閉鎖して 三吉町スズキアリーナ福山中央に新工場が完成し民間車検場「アリーナ車検センター」として稼動を始めました。
明神町の店舗は完全閉鎖でありまして、速やかにこのホームページの店舗紹介も変更いたしますが、まぎわらしいとは思いますが、今しばらくご辛抱くださいませ。
電話等連絡は出来ませんのであしからずご了承くださいませ。
今後は、車検については、 「アリーナ車検センター」としてメニュー化をより明確化して お客様にとって今まで以上にご都合のよい、より有利なものになるよう研究中でございます。 たとえば 立会いにてより「速く」 より「安く」 をコンセプトに「スマートコース」  従来型に、より有利にお得なオプションをセットした「ロイヤルコース」を考えております。  車検についても大きく変わってきました。 お客様のニーズにより細かく対応できますよう検討中でがざいます。 しばらくお待ちいただきお楽しみくださいませ。

塚本 政樹

8月社長のひとり言

会長のひとり言

激しいですね

 
政治や経済や天気まで激しく動いております。
自民党政権の長い歴史が、一瞬のうちにひっくり返り民主党に渡ったかと思いきや、先の参議院選挙では大敗、ねじれ国会とやらで、今の大変な、大事な日本は一体どこへいくのやら。 鳩山、小沢両氏の金銭感覚、政治感覚、倫理感覚、等が我々国民からは遠くかけ離れていたのではないでしょうか。 その尻拭いの管さんは、たまったものではない。「お気の毒さまです」としかいいようがないです。
なにはともあれ、「しっかりしてくれよ」と 言いたいです。
経済も回復傾向とか言ってますけど、さてさて  地方の中小零細企業にとっては、あまりいい印象は感じられません ただ、円高他の理由でこの夏海外旅行が随分と伸びているようです。 いいところは、いいのだなぁ・・・と。
今年は、寅年、とにかく激しく動く年です。乗り遅れないように必死で頑張らなくては。
今年何とか流れに乗っておくと、来年、兎年跳ねて大きく伸びると思います。
天気もそのような事で 大雨が降ったかと思うと、翌日からは夏日の連続、梅雨明け宣言なんて必要ない 誰もがすぐわかるような激しい移り変わり、そして、強烈なうだる暑さ。  何とも激しい!
今は、何もかも早すぎ 結果を求めるにも時間の容赦がない も少しじっくりと見て欲しい 待って欲しいと願うのですが。
先日も、仕事上メールのやりとりが多々ある中で、相手の会社の担当者が今年の4月より変わりました。 前任者は感性豊かで、仕事上の連絡ごとでも表現力豊かな内容で見るのが楽しみになるほどでした。 しかし、担当が代わった途端、メールを見る気にもならないぐらい淡白な 事務連絡程度のものです。 仕事上とはいえ、も少し心を添えて仕事に取り組んだほうが ご本人も一日、一日、の自分の人生が有意義なものになろうかと思います。
私も、「ひとり言」を書かせていただいております。  物言わない文字の表現ではたして自分の思いが見ていただいた方たちにわかっていただいているのだろうか と。
本を読んでいても、思わず涙がほほをつたって流れ落ちることがあります。 凄い表現力だなぁと 思うわけです。
一度の人生 人間らしく感性豊かに生きたいものです。 その努力を続けていたら、どんな、厳しい時代であろうと、必ずチャンスがやってくるだろうし、人様も助けてくださるとおもいます
今月の標語  感性豊かに生きましょう
塚本 政樹

7月社長のひとり言NO2 日記

会長のひとり言

6月21日日記

 

ある講演会で 不謹慎なのですが つい感動したことがあり、別のことを考えてしまい、日記のようにメモ書きしてしまい、それが出てまいりました
私は、常にプラス思考で、いいようにいいように、自分が元気になるように自分が元気になるように、思うように努力しております。 ですから、このひとり言もええかっこに見えたり、自慢ぽく見えたりするのではないかと、気にはしております
ただ、この不透明な時代少しでも都合よく、元気がでるように、物事を捉えたらいかがでしょう・・・という提案です。  とにかく、つねに意識をしていないと ニュートンの法則にそって落ちていきますから。
6月21日 (月)
今年は、梅雨入りが1週間遅れて発表になり、工場建設にはないほうが良いと思ってしまいます。しかし、自然の体系には絶対に必要です。
しかし、当社にとっては、おかげで天気予報は雨でも、雨が降りません。 夜に降って昼間降らずと。
夕方、9割方出来上がった工場を見に行った時 チュンチュンと可愛い小鳥の鳴き声が天井でしております。 2羽の「すずめ」です。  1組の夫婦のすずめがこの工場が気に入って巣作りでも考えているのではと思ったわけです。
完成間近の工場にいきなり小鳥のカップルが入ってくるなんて、なんと縁起の良い工場なんだろう。 一段と元気と自信ができたしだいです。
建設当初に、念じたことは、これから先、30年、50年と 社員と共に、人生を賭けて過ごす場所ですから、とにかく、運のいい、縁起のいい、工場であることを願ってスタートしました。 おかげさまで工程どうりに工事も進み、社員共々、工事の現場の社員様とも挨拶を交わし いい空気に包まれ、ケガ事故もなく 縁起の良い工場になっております。 また、6月末の完成にあわせたように、販売も伸び、ありがたい工場だなぁと嬉しく思っております、
「物はいきている」 工場、機械、工具、電機、水道、・・・・・・何一つ自分ではできま
せん   ありがたく、感謝の思いで接するといいように答えてくれます。
感謝しましょう               塚本 政樹

7月社長のひとり言 完成

会長のひとり言

工場完成

 

7月8日ついに新工場がオープンしました。
思いついてすぐに決心し、行動に移して1年と8ヶ月やっとたどりつきました。今、思いますと長いようですが、意外と短い感じです。  あと1週間すると、アリーナの統一看板が出来、これで完璧となります。 大勢の皆さまのお陰と、いまさらながら感謝しているしだいです。 外観は白壁で、中はスズキ色の壁が白で柱はブルーのスッキリしたものです。フロアはライトグリーンでとっても爽やかな感じの工場となりました。
リフトもブルーで4基、いつでもOK-よ とにこやかにお客様を迎えております。
梅雨時期ではあったのですがおかげさまで、順調に工事が進み予定どうりの完成となりました。 出来上がって数日経過するともう「以前からあった」気分になってしまいます。 いついつまでも 最初に思った時のこと、決心した時のこと、工事関係者のあの汗の事 等々くれぐれも忘れてはならない!  と、改めて心に刻みこまなければと思います。
この工場が縁起のいい工場であり、弊社の今後を支えてくれるものであって欲しいと願っております。
ともあれ、我ながら、1年8ヶ月の間、景気はますます悪くなるばかりで先行き不透明になる中、よくぞ気持ちを途切らせることなく耐えてきたなぁ  と 感心します。
「希望は心の太陽である」と 言われます。
うまく行かぬから、望みを失うのではない。 望みをなくすから、崩れて行くのである。
一度決心したら、とにかく信念を持って、大きな希望を燈してなにがなんでも やりぬく
心意気が必要ではないでしょうか。 人間は弱いものです、私も、何度も これでいいのか、大丈夫か と、くじけそうになりましたが 倫理法人会の週に1度のモーニングセミナーで仲間の元気な顔を見て元気をもらい今日があります。
いい仲間を自分の周りに集める。いい仲間の元へ入り込んでいく。
これが、物事を成し遂げるのには 必要である。 と 勉強しました。

今月の標語   いい仲間を集めましょう
塚本 政樹

6月社長のひとり言  チャンスの

会長のひとり言

6月とはいえいい天気が続いております

 

5月14日、三井住友海上㈱整備工場代理店チャンネル「アドバンスクラブ」の全国総会が東京赤坂のANAインターコンチネンタルホテルで開催されました。全国64支部の支部長様、支店長様会長以下関係全役員様等そうそうたる面々で行いました。
その中で1年間を通じてのキャンペーンで「ACカップ」争奪戦があります。私が所属している広島支部がなんと優勝しました。2位の福岡支部とは僅差で大変でした。3月末残り3日で何とか逃げ切りました。期初からトップを走っていましたので負けるわけにはいかない と56会員全員で頑張った結果でした。つくづく組織力の大切さを感じました。皆さんの気持ちが一つにまとまって目標に突き進んだ時のパワーは計り知れないものがあります。会社運営も全く同じで「如何に全員が一丸となり目標に突き進むか」 に係ってきます。 解っているけどどうやるの?
弊社も充分ではないのですが
1 毎朝の「職場の教養」を使っての活力朝礼
2 朝、他のミーティングでも 折に触れては会社の将来像を熱く語る
3 社員を誉める そして本人の3年先5年先10年先がどんな人生であるか 想像する
4 社長は元気でパワー溢れている姿を見せる
5 皆で意識的に明るく振舞う
6 皆で意識的にプラスの言葉をしゃべる
7 社員に言ったこと約束事はかならず守る
等々まだまだたくさんありますが社長、リーダーは率先垂範 実践あるのみ
頑張りましょう
今月の標語は「チャンスの女神は即行が好き」ですが 工場の壁が出来屋根が張られどんどん出来上がっていく中で 一昨年の11月よくぞあの一瞬に決断し行動に移したもんだと、つくづく我ながら感心するものです。 今だったらとてもじゃない 出来てはなかったと思います 一生出来ないでしょう。  日頃からアンテナをしっかり立ててそしてよく磨いて、きたるときに備え洞察力、を養っておくことが大切と思います。
ひとたまチャンスが来たならば 一気呵成にやってやってやりぬく事ができたら 誰でも成功間違いなしと思います。
とにかく、ぐずぐずは絶対にダメです。 整理整頓 頭の中も整理整頓

今月の標語  「チャンスの女神は即行が好き」
塚本 政樹

5月社長のひとり言

会長のひとり言

大型連休突入

 

すでに大型連休に入ったようです。 弊社社員の一人は28日(水曜日)から休みを取っております。5月5日(水曜日)までの8日間の長期です。 現在はベトナム旅行真っ最中で現地を楽しんでいることでしょう。 高速道路も最後の1000円とかで大渋滞が予想されているようです。ここらを見ると去年からの不景気はどこに行ったのやら。
株価もジワリと上昇基調で11000円を回復したようですし、上海万博も開幕したし、この勢いで我々のところへも好景気の風が吹き込んで欲しいものです。 物事すべていいように、いいように考えて少しでもいい運を掴みたいと思います。
弊社サービス工場建設中ですが、おかげさまで予定どうり進んでおります。 改めて思うのですが、「何物も自分の力では何も出来ないという事」 「全て人様のお力を借りて出来上がっているという事」 まずは基礎の鉄管杭は基礎屋さんから始まり、アンカーはそれ専門がいらっしゃって、基礎は鉄筋屋さん、型枠はまた専門職、 建物の目に見えない部分だけでも材料も含めどれほどの人様の手が掛かっているものか。
そして、雨が降ってもカッパを着ての作業、 ありがたくて、ありがたくて、・・・・・
お金を払うのだからと、いったものではない!  と、改めて思います。
朝礼の時に何度も言うのですが、先ほどのことを話して 「これから先何十年にわたって、われわれがこの工場で働かせてもらう訳で、 今建設していただいている状況を目に焼き付けておけ!」 と  しつこい位言っております。  とにかく感謝が第一で、ありがたい思いを持ち続ける事が大事であると考えます。 そして、新工場が完成し稼動し始めた時、 その 「ありがたい、嬉しい」気持ちが、必ず素晴らしい成果に繋がって商売繁盛間違いなし! と 確信しております。
食事の材料、料理、箸、茶碗等々何ひとつ自分で出来たものはありません。
改めて、感謝の思いを深めたいとおもいます。 「感謝」の反対は 「あたりまえ」として自分の権利ばかり主張する、これでは絶対に幸せにはなれません。絶対に。
かけた情けは水に流して
うけた恩は石に刻め
どこまで「感謝」の思いを深めるか大きく持つか これが人生を決めます。
今月も拙い社長のひとり言をご覧いただきありがとうございます。
今月の標語  「幸せの全ては感謝から始る」
塚本 政樹

4月社長のひとり言 新年度スタート

会長のひとり言

新しい年度が始りました

 

新年度明けましておめでとうございます。どんな思いでスタートされましたでしょうか
もちろん二度と帰ってこないこの人生ですから明確な目標、計画はお持ちのことと思います。 今回、「社長のひとり言」の更新が遅れまして大変申しわけありませんでした。 実は、アリーナ店に民間車検場を備えた整備工場を新設する工事がスタートしました。今まで使っていた事務所を解体して工場の横に設置します。その為に、パソコンの移動、室内の物の移動等で年度末、初め、がパソコンも使いにくく、忙しさにまぎれてついつい遅れてしまいました。 おかげさまで大勢の方にみていただいていますのに反省いたします。 人間言い訳は簡単にしてしまいますよね。
一昨年、11月リーマンショック以来、100年に一度の未曾有の不況といわれました。 当時2箇所で営業をしておりまして、 明神町は民間車検場で、三吉町のアリーナ店から検査に通っておりました。その間のロスはしかたないと思っていました。 しかし、「ピンチはチャンス」というように、これからの厳しい経営を考えた時、このままではダメだと・・・
もっと効率の良い経営をやらなければと考え、昨年の1年をかけて工場の建設の準備をしてきました。 今年になってやっと着工の運びとなり今日にいたりました。
完成は6月末の予定です。 これからの時代よりコストダウンが求められると思います。また、お客様にとってより便利で安心できるお店でなければと考えます。
厳しい今こそ新しい時代にうまく乗っていく為の勝負どころと考え頑張っております。
私、ただ今還暦真っ最中、やはり人生の節目なんでしょう 会社は創業35周年を迎え工場建設、(三井住友海上)アドバンスクラブでは重職を拝命し前期は全国64支部の年間を通してのキャンペーンで私の所属している広島支部が第一位に輝くなど充実した年だなぁ と実感しております。 心を疲れさせないように、常に明るく物事を捉えるようにメンタルコントロールをうまくやりながら、まだまだ男の人生燃やします。
健康もそうですが人生も、人様から与えられるものでは無いし与えられません
自分自身で作るしかありません 「今こそチャンス」目の前の事に常に好奇心を抱きながら明るく前向きに新年度元気に過ごしましょう
今月の標語   「心配」よ 明日までさようなら
塚本 政樹

3月の社長のひとり言

会長のひとり言

年度末となりました。

 

今年も年度末第4コーナーを回り最後の追い込みとなりました。昨年1月から売り上げが下がり丁度1年苦労の年でした。 今年になると昨年が数字が悪かった為今のところ弊社は対前年アップで推移しております。ありがたいことと感謝しております。今月なんとしても頑張って年間昨年以上に持っていきたいと意気込んでおります。
新車販売は補助金のおかげで何とか伸びておりますが このカンフル剤が切れた時が問題です 大変な冬の時代がやってくることでしょう これを、どう乗り切るか各社の真の力の試され時と覚悟を決めております。 さて弊社も会社力、社長力、社員力等々如何なものか 我が事ながらちょっと興味が湧いてきます。
時々、感動したことを引用させていただいておりますが。今回も「致知」3月ごうにクスッと笑い感心する記事がありました。 今月のタイトルは、「運をつかむ」です。
元宝塚歌劇団の女優である 貴城けいさんの記事です。 「ブスの25か条」です。いつ誰の作か、誰が貼ったのか不明。そして今は、もうない。幻の運をつかむ方法だそうです。男女に限らず。この反対を一つずつ実践することで幸運を呼び込むそうです。
「ブスの25か条」
笑顔がない
お礼を言わない
おいしいと言わない
目が輝いていない
精気がない
いつも口がへの字の形をしている
自信がない
希望や信念がない
自分がブスであることを知らない
声が小さくてイジケている
自分が最も正しいと信じ込んでいる
グチをこぼす
他人をうらむ
責任転嫁がうまい
いつも周囲が悪いと思っている
他人にシットする
他人につくさない
他人を信じない
謙虚さがなくゴウマンである
人のアドバイスや忠告を受け入れられない
なんでもないことにキズつく
悲観的に物事を考える
問題意識を持っていない
存在自体が周囲を暗くする
人生においても仕事においても意欲がない
以上でございます。  如何でしょうか  ひとつひとつ向上しましょう。
今月の標語   答えは「期待以上」
塚本 政樹

2月社長のひとり言(激しいスタート)

会長のひとり言

今年の冬は寒暖の差が激しいですね
寅年を象徴するような気温の激しさ、やはり揺さぶられますね。 小沢幹事長も大きく揺さぶられ、さて、如何なる結末やら。 朝青龍も力士生命を賭けた大変な揺さぶり。
寅年でしょうか、 弊社も新年からパラパラと車が売れて年の初めから縁起がいいね、と喜んでいましたら、 おっとどっこいその後バッタリと売れません。 話はたくさんあるのですが、商談が決まらない。 毎日毎日もんもんとイライラの連続 そして新年の行事、お付き合い等々・・・・余計にダメですね。
今月のお伝えしたいことはこれからです。
1月19日は、私の前勤務先であり、今の会社の創業の基となった前会社の社長の命日であります。 私はお師匠さんとして第二の父親として大変尊敬しているお方です。 今までは、息子、入社以来、私、倅を連れて「先代の社長だ 」として墓参りをしておりました。 ところが、今年はバタバタとしていてコロッと忘れていました。
朝、朝礼前に、倅が「今日は先代さんのご命日ですね」 と声をかけてくれました。
あ~あっ そうだったー 先代の命日だ 忘れてたー  ありがとう  朝礼済んだら
一緒に参ろう   そしてお参りさせていただきました。
そしたらどうでしょう  今までもやもやしていた案件がスルスルと決まっていき、今月は前年を上回ることとなりました。 また、昨年からの問題事もうまく片付きホットしました。   よく、墓参りは大切ですよ しっかりお参りしなさい と言われますが、まさに墓参のおかげで素晴らしい結果となりました。 先代がお守りいただいたんだなあ
と、感謝しております。  日頃からの墓参が大事ですが、 なにか悩み事苦しい事
あれば、ご先祖さまに遠慮なく素直にお願いしてみたらいいと思います。 必ず可愛い子孫は守っていただけると 確信しました。  お勧めします。
1月26、27日と博多の福岡市中央倫理法人会さんへ訪問し 事業体験を話させていただきました。 約60人の皆様でした  私の拙い話にもかかわらず、最善列のお方が熱心に聴いていただきお褒めの言葉もいただきました。 66歳の方ですから私よりも先輩です。 そのお方からお礼の封筒が届きました。 28日の昼前です。
ええぇー  こんなに早く!  なんと速達です  「速達のお礼状」です。
興奮の中封書を開けさせていただいたら 素晴らしい便箋に3枚 ビッシリと達筆で身に余るお褒めのごとばをいただき身が震えるばかりの感動を受けました。 360円の切手が貼ってありました。1日待てば普通郵便で来るのに・・・  わざわざ余分に切手を貼りながら と   ありがたくて ありがたくて なんとも言いようの無い感謝です。  「無駄の効用」といいますが あえてアナログの遠回りが心を打つんだなぁ
私は、勉強させていただきました。 人を動かすのはまさにこれだな と
如何に超トップ級の感動を与えるか  あえて手間隙かけて相手に尽くすか
これではないでしょうか  今年も早々から素晴らしい体験勉強をさせていただき 少しでもそれを実践していこうと思います。
今月の標語   速達のお礼状       塚本 政樹