社長のひとり言

9月社長のひとり言 Ⅲ 今年も稲穂が

カテゴリ - 社長のひとり言

今年も稲穂が稔りました。 朝歩いている時田んぼの横を歩くのですが稲穂が米をたわわに着けてしなやかに垂れ下がっております。 毎年この時期の刈り入れ前が私は大好きです。 稔りの秋を感じさせてくれ我々の主食である白米が一年分できたなぁと思えることがとても嬉しく思えます。 そして何よりもあの稲穂の垂れ加減が素晴らしい。 腰を低くしなやかに頭を垂れている姿にいつも感動と勉強をしています。 あの姿勢で生きたならば人間関係は素晴らしいものとなることでしょう。見習いたいものです。

今朝通勤途中に彼岸花が咲いているのを見つけました。 井原の運動公園あたりで見つけこれはいつもの所も咲いているかな?と興味を持って車を走らせたら見事にいつもの所に満開で咲いていました。 よくぞまあ毎年毎年揃って同時に咲くものだなぁと大自然の不思議を感じています。

彼岸花は曼殊沙華ともいい中国が原産地です。これは球根を人の手で植え株分けして北海道から沖縄まで分布したようです。

私たちの祖先が、子孫を絶やさないようにと、何代にもわたって株分けしてくれたのでしょう