社長のひとり言

4月 社長のひとり言 ハナミズキが

カテゴリ - 社長のひとり言

今朝歩いていてフッと気づくと街路樹のハナミズキが咲き始めていました。 赤と白ですが可憐な花をつけています。 つい数日前まで桜がここぞとばかりに咲き誇っていましたが、今ではどこにあったのやら。 と桜を探すのが大変な状態になってしまいました。 あれほど存在感を示していたんですが。 その代わり芝桜が咲き始めいつものところに美しく咲き人を喜ばせてくれています。 路地の花なので強いのかな? と思っていましたが いつもの井原駅の斜面の花が今年はびっしりとじゅうたんを敷き詰めたようにはなっていません。 一部は揃っているのですが一株一株がそれぞれで隙間があるので芝桜の醍醐味は味わいにくいものがあります。 手入れの問題か肥料なのか少し残念です。 会社の近所のお宮さんの斜面も以前ラジオの取材にも来ていただいたほどの美しさを誇っていましたが、今ではまばらで残念です。

ハナミズキも弱いのでしょうか一部枯れてしまい昨年植え替えられました。 小さい木ですが一生懸命花を付けています。ただ今年も2~3本枯れています。 生命力の弱い木は他の気について行けず自ら枯れはてて無くなってしまうのです。 同じように植えられ同じ環境なのに死んでいく。 我々も同じ人生を歩んでいます。しかも同じ環境で。

元気に花を咲かせ続けるほうになりたいものです。