社長のひとり言

8月社長のひとり言 Ⅱ言わなきゃわかんねぇ

社長のひとり言

言葉は、心の反映

 

我が家のことですが、孫3人と同居しています。 小学校5年の女子、3年の男子、2年の女子、の3人です。  やんちゃな男の子が優しいところを見せてくれました。 ある日の夜、仕事から帰って目が合ったとき、しみじみ「じいちゃん、今日は、どうだった?」と言ったので、仕事の件かな?と、思い「今日は、売れて良かったよ」と、言った後、もしや身体の事心配して言ってくれているんだ と思い「ありがとう 大丈夫だ心配してくれてありがとう」 その後も、食前の薬も「じいちゃん薬飲んだ?」とか、外食の時、出かける前に「じいちゃん 薬持ってる?」など、あのやんちゃ坊主が思いやりのある優しい言葉をかけてくれます。 女の子2人は、残念ながらそうゆう心に沁みるような言葉はくれません。 思っていても言いにくい、性格でしょうか。男女が入れ替わってもいいくらい。
私は、その男の子に、「お前は、素晴らしい社長になれるぞ。 その思いやり、優しさが社長になれる人だ。 」 息子にも、3代目も素晴らしい資質を持ってるで、楽しみいいぞ。2代目頑張れ、頑張りがいがあるぞ・・・・。
昨日、久しぶりに電話をいただきました。取引先の営業のTさん 彼も出来る人だなぁ、いい人だなぁと思わせる、きっとそのような人でしょう。 1か月ぶりでしょうか「社長、身体のお具合いかがですか・・・・・」 「久しぶりだねぇ、ありがとう 少しづつ良くなってるよ・」・・・・」 「ところで営業か?」 「いえいえ社長の体調が気になりまして」
「そうか ありがたいなぁ・・・ で営業のほうも協力するよ」
彼も、元来もって生まれた素晴らしい人間性を持ち合わせております。 きっと弊社以外でもいい仕事をしていることでしょう。
人間、生まれ持った性格、性分がありなかなか真似はできませんが、 男女関係なく優しい思いやりある人間でいたいものです。
病身になると、どうしても気持ちが弱くなります。そんなときの心から沁み出る言葉は感じるものです。 一生その人が好きになります。 大勢の人に好かれる人生ってなんと幸せでしょう。そして、そうゆう人には幸せがいっぱいくるでしょう。 いいことがいっぱいくるでしょうね。  そんな人に私もなりたい。

8月社長のひとり言 ボーナスで感謝

社長のひとり言

弊社、夏のボーナスは、7月25日です。 土曜日なので週明け27日に支給させていただきました。 ボーナスを支給することは、私の仕事の最たるものと考えております。 社長の使命は「会社を 継続 発展させること」と考えております。 ボーナスが支給できることは、会社がなんとかうまくいってるからで、ボーナスの支給は、私は、大変たのしみですし、社長冥利につきます。 支給日の翌朝、若い皆さんから「社長、昨日は、ボーナスをありがとうございました。 メッセージは財布に入れてお守りにします」と お礼を言ってくれました。 充分な金額ではないのですが、そして、若い方は保険等引かれるものも多いのですが、喜んでくれる顔を見ると、私も元気が出てまた次は、少しでも厚くと心に誓い次の冬のボーナスに向かって頑張る元気をもらって日々精進いたします。
お互いに、当然、当たり前 少ないとか思わず、感謝することが一番大切です。 感謝し合うことはお金も無駄使いせず、生きてきます。
何事も、現状を受け入れ感謝の思いで過ごすことが大切と思います。
そうすると、ありがたいことが目前に現れます。
 

今月の標語  感謝し合いましょう
 

塚本 政樹

7月社長のひとり言 Ⅴ会社が身売り?

社長のひとり言

今月は、今までになく投稿してます。

 

ランダムに投稿しているのですが、前回16日にして、3日で34件のアクセスをいただいています。今まで失礼していたのですが、よく見ていただいているなぁと、嬉しくなりまたまた投稿いたします 何事も乗ってくると目の前にチャンスがやってくるものです。 実は、ある有名ゴルフ場から便りがきました。 サービス券付です。 いつもの営業の方からです。 手書きの手紙に、「さて 当ゴルフ場も昨年9月に経営が代わりもう少しで1年が経ちます・・・・・・・・・」 そのゴルフ場は、これで3度目?の経営が代わったかな?  彼のせいではないのですが、彼はご苦労されたと思います。
経営がうまくいっている時はボーナスもはずむでしょうし、昇給もあるでしょうし。
雰囲気も良かろうし。
「あると思うな、親と、金と、会社。」 明日は、わが身と心して、日々精進しましょう。

7月社長のひとり言 Ⅳ 一所懸命

社長のひとり言

暑中見舞いをいただきました。

 

熊本県山鹿市の方から暑中見舞いが届きました。  実は、以前、倫理法人会で全国方々で、体験談を話す役をいただいておりました。そのご縁でのお便りです。 「2013.6モーニングセミナーでの力強いご講演とても印象に残っています! 向暑の折からご自愛くださってご活躍ください。!」 等々。 「いにしえの道を聞いても、が唱えても 我が行いにせずば かひなし」 を目標にしていらっしゃるようです」 私は、倫理を経営に導入して23年になります。 素晴らしいことと信じております。
「頼まれごとは 試されごと」 とにかく与えられた役目は、他人様から見ると充分ではないにしろ、自分自身は自身の力の中で、精一杯努力する必要があります。 出し惜しみせず。 出し惜しみしていると出なくなります。
そうゆうことで熊本の本山さまには、受けたのでしょう。
自己の重要感を満たされた1枚のハガキでした。
人生二度なし・・・・一期一会で出し惜しみせず精一杯頑張りましょう
暑い!なんて言ってられない・・・・・・・・・!

7月社長のひとり言Ⅲ 出来る男には陰に女あり

社長のひとり言

前回の、出来る男、努力の男のお話。 出来る人は常に情報を積極的に入れていらっしゃる。 あのひとり言を見て、「もしや俺?」と奥様に話しました。すると、そうやって頑張れるのも私 少しは力になってるんじゃない?  というのもご夫妻には3カ月の乳飲み子がいらっしゃいます。夜泣き、乳やり、おむつ変え等出来る限りご主人を起こさないように気を使っているそうです。 男は、仕事。女は家庭家事が本来の仕事の分担。 これを上手く責任を持ってやると全てがいいようにいくと思います。
以前の話・・・とんでもない奥様がいらっしゃいました。「二人の子供だから、私昼間観たから、夜は、あなた観てよ。」という感じで役目が解からない人もいらっしゃいました。
いい男には、いい女が付くし。 いい女には、いい男が付きます。仕事もそうです、いい会社には、いい社員がいらっしゃるし。いい社員はいい会社を選びます。 自分を磨いて素敵な自分作りをしましょう。  自分の会社をよくしていきましょう

7月社長のひとり言 Ⅱボーナスシーズン

社長のひとり言

ボーナスシーズンとなりました。

 

テレビ等でボーナス支給の話題で華やいでいます。 公務員、大手会社すでにほくほくでしょう。 今年もいい話を聞きました。 大手さんあたりになると、年功的な感じでそんなに差はないと思います。仕事が出来ようが、出来まいか。 ただ、今回は、その彼は、陰ながら献身的に仕事に尽くし、会社のグレードアップにもよく努力していました。 今回、ボーナス支給日に、長の方に呼ばれ「君は、日頃よくしてくれているねぇ、感謝するよ。」と、褒められたそうです。 そして当然中身も気持ばかりは多いでしょう。 お天道様は見ていらっしゃる。陰ながら努力を重ねていると必ず灯が当たる。 日頃でしょうね。
人間、そのようなところで認められる。これほどの生きがいはないでしょう
ボーナスの額に不平、不足を言わず、自分を振り返り感謝してありがたくいただきましょう。
とにかく、日頃の陰ながらの努力!

7月社長のひとり言 母の言葉

社長のひとり言

母の言葉は、身に沁みます

 

私は、6月から会社へ殆ど出社しております。徐々に体調も良くなり体力増強のためにも頑張っております。 89歳の母と同居ですが、棟違い今でも元気で一人で生活しております。毎日顔を合わせるのですが、その都度「今日も、仕事だったのか? 御苦労さま、気をつけろよ」 「身体大事にしなさいよ」 「身体の中で痛いところがあると、うっとうしいし、辛いからなぁ」 など なにげない言葉を必ず掛けてくれます。 家族もやさしい言葉はくれるのですが、いつも、いつも、というわけにはいきません。
母は、1日長く空いているせいか、同じような言葉ですが、身に沁みるものです。やはり年のせいでしょうか、やけに心に嬉しいものが湧いてきます。「母の言葉は重い!」 この母は、今日も元気で他人様のお世話にならず暮らしてくれているので、我々は、会社に出社して仕事に励めます。 ホントにありがたいことです。 父は、昨日が命日で、5年になります。 病気をしてからは、毎朝、夕、仏様に挨拶をしております。 先祖が守ってくれているような気がしてなりません。 父母は、自分の命の元ですから、たいせつにしましょう。
見つめ直したら如何でしょうか?
今月の標語          親思う心に優る親心
 

塚本 政樹

6月社長のひとり言 Ⅱホントに繋がりました

社長のひとり言

昨日、6月6日は、私の誕生日でした。

 

66歳になりました。 お店のほうに突然、Zさんがお越しになりました。 実は、Zさん3月まで、k銀行の弊社の担当者でした。担当を持つのは初めてであったと思いますが、ちょっと切れが悪いかな?とも思っていましたが、親身になってお教えするなかで、頭角を表し大阪へご栄転なさいました。 あれほど親しくしてたのに2カ月間何の音沙汰もなく、ご縁が薄かったかなぁ  と思っていたら突然の来店で、「社長、お誕生日おめでとうございます」と誕生日プレゼントをくださいました。 この2カ月を聞いてみると、入籍して結婚生活を始められたそうです。 当時、彼女がいるそぶりも見せず、その気配も感じさせず、彼、結婚大丈夫?かな。 と思わせるほどでしたが、あにはからんや、きっちりと所帯を持って頑張っていらっしゃいます。 それで忙しくて音沙汰がなかったようです。 人間、環境が変わると風貌、出しているオーラが変わるもので、立派に成長している彼に感心しました。 彼がくれた誕生日プレゼントは、「ひとり膳」という、茶碗と湯呑のセットです。方や、鶴は1000年いいこといっぱいあるよ。(鶴の絵柄) 亀は万年いいこといっぱいあるよ(亀の絵柄) なかなかおしゃれなもので、言葉も素晴らしい含蓄のあるもので、大変気にいっております。
秋頃、披露宴をされるようですけど、私たちにもご案内をいただきました。
いいご縁が続いていって欲しいものです。 これぞ「縁は、繋がっている」でしょう

6月社長のひとり言  繋がっている

社長のひとり言

人間関係は、その時だけではない。

 
人間関係は、どこがで繋がっている。「不思議だなぁ」と思われた方はたくさんいらっしゃると思います。 それも、波長の合う人とは。 レベルが違ったり考え方が違う方は、それきりご縁がなくなります。 世の中よくしたものです。
先日、取引先の大手企業の専務さんから、突然電話が入り、笠岡へ来たから寄せて欲しいと。 お立ち寄りになり「なぜ笠岡?」 ミズノオープンのプロアマへ出ました。とのこと。 この方は、10年前に、出会いがあり、その間何度かお会いもし「この人は出来るなぁ」と思っていたら、やはり最年少?で現在の立場。 いいご縁をいただいています。 現在は、関西営業本部長を務められ、今年の春まで弊社の担当者がそちらに転勤し優秀な部下として活躍しております。
ゴルフ場から弊社まで送っていただいたタクシーの運転手さんも弊社の20年来のお客様で車内でも話が盛り上がったようです。 そこで、いい話になるか否かは日頃しだいです。
いい人間関係を作り、運を引き寄せるのは、日頃の自分しだいと思います。
義理を重んじ、約束を守り、当たり前のことをしておれば、必ず助けてくれる神様が現れるでしょう。 今も、昔も同じこと。 自分勝手に自己中心で合理的なだけの人生では決していいことは続かないと思います。
梅雨でうっとうしい日が始まります。心にカビを生やさないよう、いつも明るく爽やかに過ごしましょう
今月の標語 「日頃の心がけを大切にしましょう」
 

塚本 政樹

5月社長のひとり言 Ⅱ立場変われば

社長のひとり言

酒席の会でのこと

 

先日メーカーさんの大きな宴会がありました。 当然酒の席です。 私は、ただ今禁酒中ですので酒の力を他人様に乗せて勉強しました。 と同時に皆さん飲んで騒いでいらっしゃるのにしらふで入っていけない自分がいるわけです。 当時、お酒が飲めない人がいらっしゃってもあまり気にもせず、自分も騒いでいましたが、 今回、立場が変わって、宴会の場からいうと蚊帳の外。 飲む気ではないので、気にはならないのですが、場の雰囲気を下げそうで気がひけました。 元々飲まない人は慣れていらっしゃるのでしょうが立派に酒席を務められるものだなぁ。と改めて感心しています。 そのうち酒を口にする時がありますが、次はちょっと意識しようかなっ!